わくわく子育て家計簿

家族4人の家計簿を公開。手書き家計簿のダウンロードもあるよ。

iPhone4sから5Sに乗り換えたときの料金比較

10月に、iPhone4sからiPhone5Sに機種変更をしました。

それで、料金がどう変わったか、比較してみたいと思います。

 

ほんとうは、先月書こうと思っていた記事なので、今更感満載ですが。笑

 

まずは、基本使用料を比較してみます。

基本使用料を比較

項目 iPhone4s iPhone5S
基本使用量(ホワイトプラン) 980 980
パケットし放題フラット 4,410 -
パケットし放題 for 4G LTE(プログラム) - 5,985
S!ベーシックパック(i) 315 315
ユニバーサルサービス料 3 3
合 計 5,708 7,283

※すべて税込み表示

 

iPhone4s時代より1,575円高くなりました。

パケット基本料が上がったぶんですね。

 

 

さて、これに、私の契約に適用された割引を追加して、基本料金を比較してみます。

 

●割引を追加した基本使用料を比較

項目 iPhone4s iPhone5S

基本使用料

(ホワイトプラン)

980 0

(かいかえ割-980)パケットし放題フラット4,410-パケットし放題 for 4G LTE(プログラム)-4,504

(スマホBB割-1,410)S!ベーシックパック(i)315315ユニバーサルサービス料33合 計5,7084,822※すべて税込み表示

 

ということで、iPhone4s時代より、基本料金は1,575円高くなったものの、

割引が適用されたことによって、結果的に886円安くなりました。

 

 

今回3つのキャンペーンを適用させることができ、機種変更をおトクに、かつ変更後も以前の料金より安くすることができました。

では、その3つの割引の内容を書きたいと思います。

 

1つ目 「残債無料キャンペーン」

これは、iPhone5sまたはiPhone5cへ機種変更した場合、機種変更後の利用料金から iPhone4sまたはiPhone4の残った機種代金と同額を割り引きしてくれるものです。

実際、iPhone4sの残債が12,000分残っていたんです。

普通に機種変更をすると、この4sと新しい5Sの両方の機種分割金を支払わなければいけません。

でも、このキャンペーンの適用で、残債なしになりました。

ただ、適用が申込みの2ヶ月後だったので、その間の携帯料金は高くなりました。

2つ目 「かいかえ割」

・iPhone4s、iPhone4、iPhone3GS、iPhone3G、SoftBank3Gスマートフォン、SoftBank3Gケータイを使用していて、iPhone5s,iPhone5c、iPhone5の購入を伴う機種変更。

・かつ、ホワイトプラン(i)/S!ベーシックパック(i)/パケットし放題フラット for 4G LTEへの加入

をした利用者に対して適用されるキャンペーンです。

残念ながら、12月1日で終了してしまったようです。

3つ目 「スマホBB割」

自宅のネットをソフトバンクの「ホワイトBB」にすると、一人当たり最大月1,480円が、最大2年間割引されるというものです。

さらに、ネットで申込みすれば、5,000円のキャッシュバック。

これ、何がすごいって、家族全員分の料金を割引いてくれるから、家族3人適用されれば、4,440円割引となるんですよ。

残念ながら、我が家は夫が違うキャリアで私しか割引されないので、1,480円の恩恵のみです。

ホワイトBBについて、詳しくはこちら⇒ソフトバンク ホワイトBB

 

 

そんな感じで。

5Sにすると、料金が高くなって心配…と思っている方も、こういう割引がされると、以前よりも料金が安くなる場合があるんですよ。

 

携帯ショップに行けば、お得なキャンペーン情報など、親切に教えてくれます。

携帯料金を減らしたいと思ったら、一度ショップに行って、料金のシュミレーションをしてもらうといいかも知れませんね。

 

ではでは。