わくわく子育て家計簿

家族4人の家計簿を公開。手書き家計簿のダウンロードもあるよ。

子どもが保育園に行きたくないと泣き、私も泣いた。でも…

息子が保育園に入園し、3週間が経ちました。

大きくぐずることもなく、順調に行っていたと思ったのですが、きましたよ~。

保育園、行きたくない!という、大ぐずりが!

このまま順調にいけるかな?と思ってたけど、わが子もこの道を通るのですね。

 

 

 

この間の夜、「保育園に行きたくない」と言い残して就寝。

翌朝、「保育園に行きたくない!ママと離れるのさみしい!」と激しくぐずって、大変でした。

何とか保育園に連れて行くも、泣いて車から降りてくれない。

引き摺り下ろして、車外に出ても、車のそばから離れてくれず…。

 

 

無理やり担いででも連れて行けばいいのに!って思うよね。

でも、息子は怪力で、体重も重い。

私は背が低いので、泣いて暴れられると、担ぐことができないんです。泣

 

 

10分ほど車の前で息子と格闘。

さみしい~!車あけて~!と大泣きする息子。

その顔を見ると、私も心が折れるわけです。

 

もう、今日は休ませようかな。と思い、

 

 

(--;)明日なら来れる?

 

 

と息子に聞くと、目がキラーンとなり、

 

 

(@△@)はい!

 

 

と言って、泣きやんだ。

 

 

(--;)じゃあ先生に、「今日は休みます。明日は絶対来ます」って言ってこよっか。

 

 

と言っていたら、園長先生が車のところまで来てくれました。

 

 

 

(--;)あのー、今日は休ませようかなーと。明日来るって言ってるんで・・・。

 

('▽')/そういうこと言うと、クセになりますよ。さー○○くん、行きましょう。

 

 

 

えぇ、そうですね。

保育士の友達がいるので、そういうことわかっていたのに、私自身に甘えが出て、休ませようと思ってしまった。

いかんいかん。

 

 

 

園長先生が抱っこして、連れて行ってくれることに。

 

途中、息子が嫌がったので、私が抱っこ。

 

 

 

下駄箱まで行くと、担任の先生が来てくれた。

いつもは教室まで連れて行くけど、

 

 

('▽')/じゃあ、今日はここで預かりますね♪

 

 

と言ってくれたので、私は「じゃあね!」と言い残して、猛スピードで退散。

 

 

 

 

はぁ。

 

つらかった。

 

息子のぎゃん泣きの姿みて、ママも泣いちゃったんだよ。

 

 

 

 

さみしい気持ち、すごくわかるよ。

 

でも、頑張れ。

 

 

 

 

 

なんか、ちょっと私も落ち込みました。

 

まだ泣いてないかな。

 

ちゃんと、遊べてるかな。

 

心配しつつ、3時半になりお迎え。

 

 

 

どうでしたか?と先生に聞くと、

 

('▽')/えらかったですよ。あのあと、ちょっと泣いていたけど、すぐに遊び始めました。

 

 

 

あ、そうですか。笑

そこまで心配することなかった。笑

 

 

 

 

以前、保育士の友達に聞いていたんです。

 

 

「ママと離れるのがいや!と泣いている子も、お母さんが帰れば、ケロっとして、すぐに遊び始めるよ。

逆に、泣いているからといって、なかなか帰ってくれないお母さんがいる。遠くで覗いてたり。

そうすると、子どももずーっとぐずってるんだよ。

そういうお母さん、早く帰ってって思う。笑」

 

 

あー、まさにそれ。

 

この話を聞いていたから、私は息子がぐずっても、いつも振り返らずにダッシュで帰ってたよ。笑

でも、今回は、少し私の心が折れそうでした。危なかった。

 

 

そして次の日、また「保育園に行きたくない」と言ったものの、昨日のぐずりよりは全然マシ。

普通に車に乗って、教室でバイバイできました。

 

担任の先生が、

 

「保育園に来ちゃったら、楽しく遊んでますよ。何とかうまくごまかして、保育園に連れてきちゃえば、大丈夫ですからね」

 

そうですね~。安心した。

 

またもしかしたら、「行きたくない!」ってぐずるかもしれない。

でも、私の心が折れちゃダメだね。

「休ませようか」って、頭の中を何度もよぎるけど、耐えないといけないと思いました。

 

 

 

4月になると、入園するお子さんを持つお母さんが多いかと思います。

子どもは、はじめはぐずっても、保育園に行ってしまえば、平気みたいです。

ただ、お母さんがグズグズしていると、子どもまでグズグズしてしまうのかな。

 

もし、子どもがぐずってしまったら、なんとか騙し騙し連れて行って、保育士さんに預けて、後ろを振り返らず、猛ダッシュで帰りましょう。笑

あ、ちゃんと、別れ際に「行ってらっしゃい!ちゃんとお迎え来るからね!」とか、いつも声かけて、ダッシュです。笑

 

子どもも頑張ってるから、お母さんも頑張ろー!

 

(この記事の補足も読んでください↓)