わくわく子育て家計簿

家族4人の家計簿を公開。手書き家計簿のダウンロードもあるよ。

水疱瘡、わざと感染させてもらう!?

子どもが水疱瘡になりましたが。

 

夫が職場でこんな話を聞いてきたと。

 

「昔は、水疱瘡をうつしてもらうために、感染した子のところに遊びに行かせてたよ!」

 

 

えーーーー???

 

 

そういうものなんですか?水疱瘡って。

 

 

 

疑問に思ったので、ちょっとネットでさがしてみると、今でもうつしてもらいたい!と考えている親も多いみたいで。

一方、うつされたくない派もいますね。

 

 

★うつしてもらいたい派

 

・小さな頃にかかれば軽く済む

・予防接種よりも免疫力がつくから

・予防接種をしなくていいから、お金が浮く

 

 

★うつしてもらいたくない派

 

・重症化する恐れがあるから

・小さな子だと可哀想

・保護者の仕事が休めないから困る

・かかっていない大人にうつされると困る

 

 

などなど。

 

 

 

そうなんだねー。

それぞれの言い分がありますね。

 

 

私は、うつしてもらいたくないかな。

うちの息子は軽い方だったけど、口が痛いと言って、ご飯があまり食べられなかったし。

3歳の子どもには、ちょっとかわいそうでした。

万が一重症化するのも怖い。

 

かといって、予防接種までは考えなかったな、、、。

自然に任せて、小学校に上がるくらいまでにならなかったら予防接種、て感じだったのかなー。

 

 

てか、水疱瘡、一度なったら二度とならないんだね。

前々回の記事で、「初めての水疱瘡です。」って書いちゃって、はずかしー。

病気について、知らなさすぎだね。汗

 

 

予防接種だけど、朝日新聞の記事によると、無料になるかもしれないと。

今年の秋頃実施を予定しているらしいですね。

 

日本脳炎、ヒブ、小児肺炎球菌などと同類の位置づけになるとのこと。

 

予防接種で水疱瘡を防げれば、私がおばあちゃんになる頃には、「水疱瘡?何それ?」状態になりそうですね。

 

「わざとうつしてもらうとか、あり得ない!」

みたいな。笑

 

 

水泡のあとが残っちゃったりする場合もあるし、水疱瘡にならないなら、ならない方がいいですよね。

次の子が生まれたら、迷わず予防接種を受けさせようと思います。

無料だし。(←やっぱこれか。)