わくわく子育て家計簿

家族4人の家計簿を公開。手書き家計簿のダウンロードもあるよ。

またね

年長の息子。

 

仲良しの保育園のお友達が、遠くにお引越しすることになって。

 

まだ引っ越すことを知らなかった頃。

 

「小学生になったら、◯◯くんの家に遊びにいくんだ」

 

息子がそう言ってて。

 

住んでる地区が違うから、小学校は別々になるのはわかってたけど、小学生になっても遊びたいんだな、気が合うお友達がいて良かったって思ってた。

 

 

でも、突然の引っ越し。

 

息子はショックだったんだと思う。

 

◯◯くんが引っ越すこと、私には教えてくれなくて。

 

私は他のお母さんから聞いて知った。

 

「◯◯くん引っ越すんだって?さみしい?」と息子に聞いたら、

 

コクリと無言でうなずいた。

 

 

 

引っ越すことを知ってからあっという間に日は流れ、最後の日。

 

園庭で、仲のいい子たちで、記念撮影。

 

◯◯くんが、「ここで撮ろう!」と言って、園庭に線を引いてくれて。

 

そこに並んで記念撮影。

 

緊張した引きつった顔だったけど、とてもいい写真が撮れた。

 

 

 

そして、別れのとき。

 

◯◯くんが、泣きながら息子の手をぎゅっと握って、離したくなさそうに、ブンブンと何度か降って。

 

◯◯くんのお母さんが、「"ずっと友達だよ"って」

それをそのまま泣きながら、「ずっと友達だよ」って。

 

私も息子に「"忘れないでね"って」

息子「忘れないでね」

 

なんか、言わせたみたいになっちゃったけど、代弁できたかな、、、

 

そして、◯◯くんのお母さんが、「またねって」

 

 

 

またね

 

 

 

正直、もう二度と会うことが出来ないかもしれない距離。

 

私は、そう考えてた。

 

でも、◯◯くんのお母さんは、違ってたのかな。

 

「またね」って言った◯◯くんのお母さんがとても素敵だなと思った。

 

社交辞令じゃなく、本気で「またね」って言ってくれたんだと思う。

 

また会えると思うから、またねって。

 

 

 

うん、また必ず会えるよ。

 

それまでお互い元気でいようね。

 

◯◯くんが、とても優しくて、感情が豊かで、穏やかで、お母さんと似て素敵な子で。

 

最後の別れのとき、泣いていた姿、私は一生忘れないと思う。

 

年長の息子は、大きくなったら◯◯くんのことをどれだけ覚えてるかわからない。

 

でもいつか再開して、また気の合う友達になってくれたら、嬉しいな。

 

 

ありがとう。

 

またね。