わくわく子育て家計簿

家族4人の家計簿を公開。手書き家計簿のダウンロードもあるよ。

胎児発育遅延症で入院、23日目〜またまた薬の追加

長女を妊娠中に胎児発育遅延症で入院していたときの日記です。携帯のメモに入力してたものを、順に公開していきます。

▼前回はこちら

≫胎児発育遅延症で入院、22日目〜病院の部屋掃除

 

胎児発育遅延症で入院、23日目(34w5d)

ウテメリン24時間点滴(1A30ml/h)11日目。

 

1時頃、トイレに行きたくて目が覚める。
トイレへ。
すぐに寝る。

何時かな?またトイレへ。
すぐに寝る。

 

5時20分、またトイレへ。
起床かな。
睡眠時間、7時間くらい。
トイレで目が覚めるも、すぐに寝れてよかった。

 

6時30分、モニター検査開始。
今日は健診があるから、早めにやる。


7時20分、モニター検査終了。
昨日と同じように張っている。

 

7時30分、朝食。
完食。
バナナ1本も。

 

10時、健診。
エコーで赤ちゃんの大きさを見る。
1回目、1800g。
先週と一緒?!
2回目、2000g。
ちょっと大きめにはかったから、もう1回。
3回目、1900g。
これぐらいでしょう、と。

次に内診。
子宮口は、ちょっと柔らかいって言ってたかな。
でも問題なし。
子宮頚管は2.6cm。
こちらも、問題なし。

結果。
大きさがやっぱり小さいから、あと2週間は管理入院。
2300gくらいまで行けば、いつ産んでもいいよ、となる。
少し貧血気味だから、鉄剤を飲んで。
がんばりましょう。
以上。

あと2週間!
頑張るしかない!
って言っても、ベッドに上でダラダラしてるだけなんだけどな。汗

 

11時50分、点滴(ブドウ糖)終了。
ナースコールを押し、看護師さんに来てもらったとき、私がスマホでパズルゲームをしているのを観られた。
「えー!そんな細かいのやってるのー!」って。笑
でも、ぼーっとやるだけでできるから、いいですよ、と言ってみた。
すると、看護師さんの間では、ツムツムが流行っていると。
みんな強いらしい。笑
聞けば、いろいろ教えてくれるよ、と。
ツムツム、やったことないけど、ダウンロードしてみます、と言っておいた。

看護師さんが去ったあと、早速ツムツムをダウンロード。
やってみるも、アイテムとかの意味がわからず。汗
ま、たまにやろっかな。
ということで、またパズルゲームに戻る。

 

12時、昼食。
そばだったー。
やっぱり麺類は食べきれない。
4分の1くらい残してしまった。
プルーン1個は食べた。

 

13時、タオルで体拭き。
さっぱりー。
もう慣れたなぁ。

夫が面会に。
突然来たからビックリ。
仕事が終わったあと送別会があるから、お金ちょうだい、と。
しょうがなく渡す。
夫が病室を出たとき、ちょうど母も面会に来た。
着替えを持ってきてもらって、少ししゃべって帰っていった。


14時30分くらいから、1時間くらい昼寝。
眠気が来て、そのまま眠る。
すると、いつもものすごく汗をかく。
首の後ろを汗がつーっと落ちていくのがわかるくらい。
でも、拭くこともなく、そのまま眠る。
1時間くらいで目が覚めると、体中汗びっしょり。
パジャマが湿っている。
トイレに行くと、パンツも汗でぬれている。汗
首の後ろの髪の毛も濡れている。
おでこも。
少し寒くて布団を着て寝るのに、汗びっしょりで起きるという。
体温調節がおかしいのかな?

 

17時近く、息子と私の妹が面会に。
相変わらず元気。
17時40分頃に帰っていった。

 

18時、夕食。
ミートソーススパゲッティに、白飯…。
スパゲッティの量はそんなに多くないけど、プラス白飯は食べれないよ…。
白飯全部残してしまった。
プルーン1個は食べた。

今回から、朝夕食後に鉄剤を飲む。
フェロ・グラデュメット錠というものを1錠。
真っ赤な錠剤!

副作用で、下痢か便秘になる可能性があるらしい。
便秘気味だから、下痢でいいかもと思ったけど、お腹が痛くなるのは嫌だから…
うーん…
どっちも嫌だ。
副作用がなければいいな。
それから、便が黒くなるらしい。
これはどうでもいいや。笑

 

20時40分、なんだかお腹に違和感…。
下痢の予感…。
早くも鉄剤の副作用なのか…。
まだトイレに行く感じではないけど、ゆるーくなってる感じはする。

 

今日の治療など

・ウテメリン24時間点滴

・ブドウ糖点滴

・鉄剤1日1錠

・モニター検査(NST)1回

・妊婦健診

 

▼私が受けていた治療

≫子宮内胎児発育遅延症の入院診療計画書、お薬など

 

またまた薬の追加

この日、貧血気味ということで鉄剤が処方されました。

ダラダラしてるだけなのに貧血って…。

汗をいっぱいかいたのがいけないのでしょうか!?

 

これで、ブドウ糖から始まり、ウテメリン錠剤→ウテメリン点滴、鉄剤で、4種類ですね。

この約2週間後に高位破水して、抗生物質も飲むことになって。

そのうえ、分娩中も点滴してたんです!笑

ほんと、薬漬けの入院&妊娠生活でした。

でも、元気な赤ちゃんが生まれて、今でも元気で強い子に育ってます!

こんなに薬漬けでも、子どもは何も問題ありません。(今のところは!)

胎児発育遅延症や切迫で治療中の方は不安な毎日かもしれませんが、無事に赤ちゃんが生まれることを祈っています。

 

▼つづきはこちら

≫胎児発育遅延症で入院、24日目〜入院中の飲み物はどうする?

▼1日目はこちら

≫胎児発育遅延症で入院、1日目

▼入院費について

≫妊娠中の入院費&出産費と、医療保険の支払い

▼その他の日や入院の記事はこちら

≫その他の日や入院についての記事一覧